HOME > 学会活動状況 > 認定臨床栄養指導医 > 日本臨床栄養学会認定臨床栄養指導医の更新規定
 

日本臨床栄養学会認定臨床栄養指導医の更新規定

 

第1条

 

日本臨床栄養学会認定栄養指導医として認定された後も連続して本学会の会員であること.

第2条

 

日本臨床栄養学会認定栄養指導医の更新に必要な単位数は30単位である. 別表に従って過去5年間に取得した単位を集計すること.

第3条

 

日本臨床栄養学会認定栄養指導医の更新を希望するものは, 次項に定める申請書類に更新審査料を添えて教育委員会に提出するものとする.

  • 日本臨床栄養学会認定栄養指導医更新申請書
  • 学術活動に関する単位数を合計30単位以上取得したことを証明する資料

第4条

 

研究のための海外留学や長期病気療養等特別な事情があり更新が不可能になった場合は, その事情を記した書類を添え, 更新期間の延長を申請することができる.

 

第5条

 

教育委員会は, 毎年1回申請書類によって更新を認定する.

 

第6条

 

本学会理事長は, 日本臨床栄養学会認定臨床栄養指導医の更新を認定されたものに対して理事会の議を経て認定書を交付し, 学会誌に発表する.

第7条

 

更新審査料は20,000円とする.

第8条

 

本規定の改訂は教育委員会および理事会の議決による.

別表1.学術集会および教育的企画への参加の場合
 
 
参加による単位
演者・座長による加算単位
 1.日本臨床栄養学会年次学術集会
8
2
 2.日本臨床栄養学会主催の教育的企画
5
2

1 出席を証明する資料、例えば会場費の領収書等を添える.

2 演者とは講演者本人、ポスター発表者本人、ならびに共同演者とする.また、同一学会で複数回発表を行っても一回のみと計算する.

 
別表2.論文発表の場合
 
 
筆頭著者の単位
共著者の単位
 1.機関誌「日本臨床栄養学会雑誌」
5
2


1 上記以外の雑誌については、内容を検討し単位を決定する.

2 論文は臨床栄養医学に関する学術論文(原著、総説、症例報告などを含む)とする.

3 当該部分の別刷りまたはコピーを添える.